【徹底比較!】シボヘールVS生漢煎「防風通聖散」口コミ・効果・価格

【徹底比較!】シボヘールVS生漢煎「防風通聖散」口コミ・効果・価格

 

シボヘールと似たようなものに生漢煎「防風通聖散」という商品があります。どこがどう違うのでしょうか?気になるから比較してみたいけど面倒くさいと思っている方のためにここでは口コミ・効果・価格などを徹底的に比較してみました。

 

 

シボヘールと生漢煎「防風通聖散」の口コミ比較

シボヘールと生漢煎「防風通聖散」を比較するときに何が一番気になることでしょうか?一番気になるのは口コミではないでしょうか。ここではシボヘールと生漢煎「防風通聖散」の口コミを比較してみましょう。

 

シボヘール

シボヘール錠剤

 

シボヘールの良い口コミと悪い口コミです。

 

シボヘールの良い口こみ

・お腹周りがすっきりした
・体重が減った
・便通が良くなっていた

>>シボヘールの良い口コミをもっと見る

 

シボヘールの悪い口コミ

・下痢気味になってきた
・便秘になってしまった
・続けるにはもう少し安くないと

>>シボヘールの悪い口コミをもっと見る

 

シボヘールの公式サイトはこちら>>

 

生漢煎「防風通聖散」

生漢煎「防風通聖散」の顆粒

 

次に生漢煎「防風通聖散」の口コミを見ていきましょう。

 

生漢煎「防風通聖散」の良い口コミ

 

なぜか一年で4キロ太ってしまい、慌てて漢方ならと処方してもらいました。飲んだり飲まなかったりしたけど、すぐに4キロ減。これ以外はなにもしていないので、私には向いているみたいです。でも便秘には全く効果はありませんでした。(44歳 女性)

 

毎日の外食を自炊に変えました!なるべく豆腐を食べるように心がけ特に運動はしませんでしたがスルッと体重が落ちました??働いてるところの医師より非常に効果のあるものだと勧められ半信半疑で飲んでましたが効果絶大!感謝しています!これからも愛用します!!(23歳 女性)

 

病院で処方していただき、飲み始めました、
飲み始めの1ヶ月で2キロ減り、2ヶ月目に5キロと
今のところ7キロ減です。
運動も食事制限もなにもしていません。

 

便通は、1日2回から3回。お腹が痛くなることはありません。もともと便秘ではなかったので、回数が増えただけの感じです。(48歳 女性)

 

生漢煎「防風通聖散」の悪い口コミ

 

50代頃から痩せなくなり特に下腹が出てきたので飲んでみました。食事制限はしなかったからか痩せませんでしたが太る事もなかったです!毎回4錠飲むのもちょっときつかったかな?
ただ便が異様に臭い時々腹痛もおきるので辞めました。(60代以上 女性)

 

ナイシトールと同じ成分で安価ということで購入しましたが、特に体重にも変化は出ず、最低1ヶ月は様子を見ようかと思っておりましたが、お腹にガスが相当溜まるようになり、毎食後すぐにトイレに駆け込むような状況ななったので、服用をヤメました。(49歳 男性)

 

かなり期待していましたが、3ヶ月続けて、残念ながら体重に変化はありませんでした。
ただ、辞めてから思うと、むくみは多少おさえられていたのかもしれません。
とにかく味が飲みにくいので、毎回飲むのが憂鬱でした。(33歳 女性)

 

ダイエット外来にて処方して頂きましたが、変化は感じられませんでした。
漢方は自分に合うものに出会わないと効果が得られないみたいですね。 全てのものが効くわけでは無いようです。
残念ながらわたしには合わなかったです。(44歳 女性)

 

口コミまとめ

シボヘール 生漢煎 防風通聖散

シボヘールと生漢煎防風通聖散の良いクチコミははどちらも痩せたというクチコミでした。悪い口コミは飲んでも効果を感じられなかった、体質に合わなかった、下痢になったというものがありました。

 

シボヘールと生漢煎「防風通聖散」の成分と副作用比較

シボヘールと生漢煎「防風通聖散」

 

シボヘールと生漢煎防風通聖散の成分と副作用を比較してみましょう。

 

成分比較

では次に成分で比較してみましょう。シボヘールのダイエット関連成分はとってもシンプルで葛の花由来イソフラボンのみです。

 

 

生漢煎「防風通聖散」は18種類の生薬です。

 

シボヘール

還元パラチノース、葛の花抽出物/セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素

生漢煎「防風通聖散」

トウキ、マオウ、シャクヤク、ダイオウ、センキュウ、硫酸ナトリウム、サンシシ、ビャクジュツ、レンギョウ、キキョウ、ハッカ、オウゴン、ショウキョウ、カンゾウ、ケイガイ、セッコウ、ハマボウフウ、カッセキ

 

副作用

 

次に副作用について比較してみましょう。シボヘールでは健康食品のため副作用はないということです。

 

 

生漢煎「防風通聖散」のほうはお薬なので副作用はあるということです。ではどのような副作用があるのか詳しくご紹介します。生漢煎防風通聖散のサイトを見ると次のような記載があります。

 

生漢煎「防風通聖散」の副作用

 

新生防風通聖散 顆粒<満量処方>は排便を促す効果があるお薬のため、人により「下痢」や「腹痛」など効き目を強く感じる場合がございますが、体が慣れてきたり、一時的に減量したりすることで、改善する場合もございます。
お薬を正しく使っていただくためにも、ご購入前に必ず<してはいけないこと>、<相談すること>をよくご確認いただきますようお願い申し上げます。

 

シボヘール 生漢煎 防風通聖散

 

ということで、生漢煎 防風通聖散には下痢や腹痛が起こることがあるとの記載があります。生漢煎「防風通聖散」は第二医薬品にあたるお薬です。また満量処方と言って原生薬を最大量の27.1g配合した漢方薬です。

 

防風通聖散の優れた力を最大限に引き出す満量処方のため、脂肪を内側から分解・燃焼・排出促進により肥満症を改善することができます。半面、副作用が起こってしまうことは理解しておいたほうがよいでしょう。

 

飲み合わせ

次に他のお薬と一緒に飲むことができるのか、調べてみました。

 

シボヘール

他のサプリメントや健康食品、ダイエット食品と併用してお使いいただくことは特に問題ありません。お薬を服用されている場合や、通院中の方は念のため掛かりつけの医師、薬剤師の方にご相談の上、お召し上がりください。

生漢煎「防風通聖散」

医薬品と一緒に服用される場合は、お身体に負担になる場合がありますので、医師・薬剤師または登録販売員にご相談ください。特に他の下剤とは一緒に服用しないでください。

 

どちらも医薬品と一緒に飲む場合は、医師や薬剤師に相談したほうがいいとのことです。

 

シボヘールと生漢煎「防風通聖散」の味や飲む量や飲み方

 

シボヘールと生漢煎「防風通聖散」の味や飲む量どうでしょうか?毎日飲むものなので飲み方なども気になりますね。ここではそれらのことを比較してみましょう。

 

味の比較

シボヘールはタブレットになっているので味そのものを味わうことなく呑み込めてしまいます。生漢煎「防風通聖散」は顆粒状になっているのでお白湯などに溶かして飲みます。味はまさしく漢方薬の味で、草っぽい味と香りがします。苦すぎることはありませんが、風邪のときに飲む葛根湯のような味です。

 

飲む量の比較

シボヘールと生漢煎「防風通聖散」の飲む量

 

シボヘール 生漢煎 防風通聖散

シボヘールは1日4粒飲むだけです。生漢煎「防風通聖散」は1回1包を1日3回です。飲む回数が多いと面倒くさくなることもあるので、シボヘールのほうがずぼらさん向きです。

 

飲み方

シボヘールの1日のうちにいつに飲んでも大丈夫です。生漢煎「防風通聖散」は1日3回を朝昼夕の食前または食間に飲みます。生漢煎「防風通聖散」は時間指定がしっかりしていますが、シボヘールは時間のしばりがないので、飲みやすいのはシボヘールでしょう。

 

シボヘール

生漢煎「防風通聖散」

特になし

葛根湯のような漢方薬の味

香り

特になし

漢方薬の香り

飲む量

1日4粒

1回1包を1日3回

飲み方

1日のうちいつでも大丈夫

1日3回を朝昼晩の食前または食間

 

シボヘール 生漢煎 防風通聖散

飲みやすさで言えばシボヘールのほうがいいでしょう。ズボラの方には1日4粒のむだけのシボヘールのほうが向いています。

 

 

シボヘールと生漢煎「防風通聖散」の機能比較

シボヘールの普通の健康食品やサプリメントと違って機能性表示食品と言われるものです。機能性表示食品とは、科学的なデータにもとづいて、「○○に対して効能がある」ということをハッキリと堂々と言える健食です。

 

生漢煎「防風通聖散」は第二医薬品に分類される医薬品です。

 

効果・効能

シボヘール

お腹の脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪を減らすのを助ける

生漢煎「防風通聖散」

体力に充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症

 

シボヘールと生漢煎「防風通聖散」の飲む期間

 

シボヘールや生漢煎「防風通聖散」はどのくらい飲んだら効果を実感できるのでしょうか?

 

シボヘール

臨床実験では8週間、12週間の継続でその効果を検証しています。お腹の脂肪を減らすのを助ける機能のある食品ですので、まずは3ヵ月程度、毎日の習慣として1日4粒(目安量)を守ってお召し上がりください。

生漢煎「防風通聖散」

個人差はありますが、便秘には1週間、肥満症、むくみ、その他の症状には1ヵ月程度様子をみながら服用してください。

 

シボヘール 生漢煎 防風通聖散

このようにシボヘールでは2~3ヵ月、生漢煎「防風通聖散」は1ヵ月続けて飲むことをおすすめしています。

 

 

 

生漢煎「防風通聖散」は満量処方だけあって早く効果を実感できるということですね。

 

シボヘールと生漢煎「防風通聖散」の価格比較

 

最後にシボヘールと生漢煎「防風通聖散」の気になるお値段についてご紹介します。

 

シボヘール

生漢煎「防風通聖散」

通常価格

3,218円

8,424円

定期コース

初回980円(送料無料)、2回目以降2,808円

初回4,212円、2回目以降6,372円(送料無料)

定期コースの解約条件

なし

なし

 

シボヘール 生漢煎 防風通聖散

このようにシボヘールのほうが安く飲むことができます。どちらも定期コースを頼んだほうが安くなります。また定期コースの解約には条件がなくて2回目以降からキャンセル・休止をすることができます。

 

シボヘールと生漢煎「防風通聖散」の比較まとめ

 

いかがでしか。シボヘールと生漢煎「防風通聖散」を様々な角度から比較してみました。これでどちらにしようかとのお悩みも解決できたことでしょう。ぜひご参考になさってください。

 

シボヘールがおすすめな人
  • 安く始めたい人
  • 副作用が心配で安心して飲みたい人
  • 飲みやすい、続けやすいものを探している人

 

シボヘールは期間限定でキャンペーンを行っています。このキャンペーンは予告なく終了することになっていますので、安く始められるシボヘールを試してみたい方は是非、こちらからお申し込みください。

 

シボヘール 生漢煎 防風通聖散

 

今がチャンス!期間限定の特別価格キャンペーン実施中!

3,218円が980円(税込・送料無料)!!

 

 

980円でシボヘールをお得にゲット!!